口頭詩の会「くものおふろ」

約2000年の昔に、イエスは幼児を一人の個人として認めておられました。

そんな幼児の心の響きを、大人が採集して詩のように大切にすること・・これを口頭詩と言われております。 口頭詩は、幼児の心のことばですが、その言葉を採集することにより、私たち大人が、幼児より学ばされる事が多々あります。幼児からご両親の心に愛おしさや、優しさの心を呼び起こされることがあります。そして幼児主導の生活が、如何に素晴らしいものかを改めて考えさせられております。

聖十字幼稚園では、キリスト教保育を基に、創立当初より幼児のことばを大切にしておりますが、1980年ころよりこの口頭詩を作り、それを幼児保育に役立て幼児とご家庭と共に日々学ばせて頂いております。

くものおふろ

ぼく いっかいでいいから

死んでみたいな

(えっどうして?サーくん死んだらパパもママもすごく悲しむよ)

それもそうだなあ

だけど ぼく いっかい

天国へいってみたいんだ

てんごくって お空にあるんでしょう

死なないと 行けないもん

ふわふわした

くものおふろに 入ってみたいんだ

叔父「サーくんは まだ天国へ行くには早すぎるぞ。神様が駄目って言うんじゃないかな」

そんなこと 言わないよ

だって 神様はやさしいんだ

いじわるじゃないもん

いいよって言うよ

だけど 神様って

どんな顔してるんかな

会ってみたいな


※大人にとって深刻な課題である死を、飛び越えて、天国に行って雲のお風呂に、気持ち良さそうに入っているサー君に、解放され心地良い気持ちにされてしまいます。

おまけに神様の優しさに、つい私たち大人も一緒になって触れてみたくなるような!